じかんのむだ

読んで時間の無駄にならないようなブログを目指して。

kona Linux Pi EditionでHAT DDCを使う(I2S信号をSPDI/FでPMA-60に送る話)

どうも、バリバリ夕張Pことばりっぴです。

今回はこちら↓の話。

そう、DDC(デジタル・デジタル・コンバータ)です。今回はもろもろの事情で同軸ケーブルで繋ぎました。

理論上ではI2S信号をそのままSPDI/Fにするので音質劣化は生じず、そのままの音がうちにあるDAC・アンプであるDENONのPMA-60に送られるはず、です。

 

ケーブルはあんまこだわりがないのでこのアマゾンベーシックのを。本来ならば短い方がいいのでしょうけど、置き場所の関係で2.4m(8ft)のを買ってみました。

HAT DDCは例によって例のごとく中国から恐らく船便で2週間近くかかってやってきました。

dt overlayはハイファイベリーデジ、/etc/modulesに書くのは…なんだっけ、wm8804汎用のモジュールを書きます。最初、ハイファイベリーデジプラスにしていて全然音が出なくてこれは!と思ってました。Volumioでポチポチやったらハイファイベリーデジでした、というオチでした。

PMA-60なのでデジタルアンプ(DDFAで検索してみよう)で、スピーカーにいくぞという段までデジタルということで、なかなかいい感じのシステムにできたな、と。

アナログだとどうしても経由地によって劣化が激しくなるので、なるべくならデジタルのままいけるところまでいきたい思想です。

これは、DDCの評価というよりPMA-60の評価になってしまうんでしょうけど、ストレートな音だなぁと。あんまりウェットじゃない気がします。無味乾燥とは違うんですけど。解像度が強すぎて疲れる音ではないです。ホンの少しアナログ的な味付けがあるようなそんな感じ。昔、いわゆる中華デジアンを聞いたときは「これはすごい」と思ったんですが、PMA-60よりは無味乾燥な気がします。味付けがなさ過ぎてもオーディオってつまんなくてその辺のさじ加減って微妙ですよね。

シーラスロジックのWM8804はPCMしか対応してないのでDSDを聞こうと思ったらこの子は使えないわけですが、PCM聞くならもうこれでいいかなぁと。PMA-60のDDFAが良すぎるんですよ。

まあ、CD音源くらいしか聴かないのでいいと言えばいいんです。DSDなんてアクアプラスのPureシリーズくらいしかちゃんとしたのを持ってないので。

今日はこの辺で。現場からは以上です。

kona Linux Pi EditionでHAT DACを使う

konapiの64bit版でHAT DACを使って音を聴いてみました。どうも、ばりっぴです。

使ったのはHifiberry DAC Plusの互換品です。

 

こんなの。中国から2週間ほどかかりました。今はどうなんだろう。

もう、コンピューター初心者なので音を出すまでに1時間くらいかかって苦労しました。

今まで繋いでいたUSB DACはToppingのDX3-Proですが、それとの比較になります。

「明らかに!」とは言えないまでも音は良くなった、気が、する、くらいの感じですね。俺の駄耳では限界である。ABXテストされたら多分わかんない。

サウンド設定のdeepとclearの聞き比べもしてみましたが「どっちも音がいい!」となり、言われてみればdeepのほうが少しおとなしめな気がします。

駄耳、素人意見なので話半分でお願いします。

現場からは以上です。

Spotifydのarm64のバイナリを作る遊び

ども、みんな大好きスポチハイの記事です(ホントか?)。

今回はヘッドレスプレーヤーであるところのSpotifyd(要Spotifyプレミアムアカウント)のarm64バイナリを作る遊びを行いました。

使用した環境はkona Linux Pi Edition 64bit版です。

まずSpotifydのソースコードをCloneします。

次にRustを入れますが、Debian Busterに入っているRustでは古くて途中でビルドが通りません。Rust公式サイトからインストーラーを使って入れましょう。

あとはcargo build --releaseをすれば出来上がります。

バイナリをsystemdのサービスファイルで指定されている場所にコピーしたり、systemdのサービスファイルを入れたり、Wikiをみてconfファイルを作っても良いでしょう。

raspotifyでも良かったんだけど、なんとなくSpotifydを試してみました。

現場からはいじょうです。

Windows標準のだっせぇUXのメモ帳は使いたくねーけどVSCodeみたいな高機能はいらねーんだよなーって時にいい話

どうも、ばりっぴです。最近Microsoft ストアをdigってます。

www.notepadsapp.com

まずはこちらをご覧ください。

f:id:CBX:20210813191530p:plain

Notepads

機能は必要最小限。UXはイマドキな感じのやつ。透明度も選べちゃう。PlaneじゃなくてGrassな感じ。日本語をゴリゴリ書くだけならVSCodeはあんまり向いてないんですよね。私の設定が悪いだけかもしれませんが。このNotepadsが福音となればいいのですが。

現場からは以上です。

スマホからPCオーディオ環境にBluetoothで音楽を飛ばす話(Bluzicを入れました)

どうも、ばりっぴです。

今回はありそうでなかった、でもあるよっていうソフトウェアのご紹介です。

f:id:CBX:20210810203449p:plain

Bluzic

無味乾燥な動作画面ですが、これが便利なんです。

一般的にBluetoothで音楽聞くかーって時はPCからBluetoothスピーカーに飛ばしたり、スマホタブレットからBluetoothイヤホンに飛ばしたり、と言った使い方が一般的ですが、このBluzicを使うと、スマホからPCにBluetoothを飛ばして、PCのオーディオ環境で聞けるようになります。

これ、一度体験すると意外と便利で、スマホでしか展開していないANiUTaをPCで聞きたいとかそういうのに使えます。

www.microsoft.com

てな感じで、MSストアにあります。是非。

kona Linux Pi Editionを触る

f:id:CBX:20210731202759p:plain

kona Linux

ども。ばりっぴです。うどんをひっくり返してつゆなどをRaspberry Piにこぼして壊れたと思ったのが復活したので(買い直す前に復活しろよ)、1台Raspberry Pi 4Bがあまりました。Raspberry Piが余ると言う状況もよく分かりませんが、余ったので使っていきます。

高音質と評判のkona LinuxRaspberry Pi Editionを入れてみました。

日本人が作ったディストリビューションなんですね。だからなんだって話なんですけど。

最近のRaspberry Pi 4BのeepromではUSB起動ができるらしく、今回はUSB接続のSSDにシステムを入れています。SDカードも割と読み書き早くなりましたがUSB3に繋いだSSDには当然のごとく負けてしまいます。気持ち反応速度も早くなった気がします。

で、このkona Linuxの作者は「オンボードだから音質が悪いわけでは無い」とかいろいろと思想をおっしゃってて、じゃあ、まずはオンボードから出してみるかと思って繋いだらビックリしましたね。MDR-CD380で聞きましたけどホントびっくり。このヘッドホンの素性の良さが出ています。

次にToppingのDX3-Proを繋いで聞いてみましたが、まあ、作られた感は多少有るにしてもこれは音質がいいといっていいです。

録音した音をそのまま出せばいい音なのかって話で、そんな音絶対つまらないと思うんですよね。

Raspotiyはワンライナーコマンドで入らなかったのでppaを追加する形で入れましたが、なかなかよろしいと思います。すっかりSpotifyに身体がなじんでしまって無い生活というのが考えられません。

kona Linux、とてもいいと思います。是非。

すかいらーく系列のカフェが居心地良すぎる話

どうも、ばりっぴです。今日はコロナワクチンを打つ日なので特休です。15時に集合なのにぶらぶらしてます。

そんななか「むさしの森コーヒー」という喫茶店に来てみました。

f:id:CBX:20210721114213j:plain

アイスとコーヒー

はい。食後のデザートにアイスとアイスコーヒーです。

サイトを見るとすかいらーく系列だそうです。

よくある喫茶店みたいに客をギチギチに入れる感じじゃなくて、ほとんどがボックス席です。とても居心地がいいです。

電源もモリモリあるし、Wifiもガンガン吹いてるのでノパソを持ち込んでもいい。今、現地ライブで書いてますが、本当に良い。

見かけたら是非入ってみて欲しいです。

現場からは以上です。