じかんのむだ

読んで時間の無駄にならないようなブログを目指して。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO2024に井上道義を聞きに行った話(Apple Vision Proのデモを見せてもらったオプションもあり)

今年も行ってまいりました。どうもばりっぴです。

看板

東京国際フォーラムの大型連休の風物詩となった、ラ・フォル・ジュルネに今年も行ってまいりました。

今回は5/3~5の3日間でその3日目の314と315のプログラムを聞いてきました。

314

315

今年いっぱいで引退を決めている井上道義LFJラストイヤーということもあり、なにがなんでも聞きたくて、会社の上司とハードなネゴシエーションをして(誇張あり)、曲目聞いたことないのに行ってきました。

井上道義はLFJの特性をよく知っていて、クラシック初心者に優しいんですよね。曲の終わり(拍手が欲しいところ)でちゃんと振り向いてくれたり、拍手がいらないところ(楽章の変わり目など)では手で制してくれたり。

今回314のトランペッター児玉隼人さんがとても若くて存じ上げなかったのですが、御年14歳!SNSで投稿を続けてて、10歳以降に出たコンテストでは全部1位らしいです。トランペットってなんか強い音!って偏見をもたれがちですが、児玉さんのトランペットはなんというかやさしかったですね。月並みな感想をいうとすごかったです。

ローマの祭りも最後のどんちゃん騒ぎがとっても楽しかったです。祭りはどこでもどんちゃん騒ぎになる。

315の伊福部昭!ラジオの放送作家の伊福部崇の大叔父に当たる人ですが、有名なのはゴジラの劇伴ですかね。そのフレーズが入っている曲目でした。ちゃんと井上道義がそのフレーズの前で振り向いてくれたので「ああ」とスッと入ってきました。

心残りは彼のショスターコヴィチを生で聞けなかった事ですが(ショスターコヴィチの指揮で定評がある)、曲知らんからいいかなーって。

去年彼はベートーベンの「運命」を任されたんですよね。オーケストラのド定番じゃないですか。だから難しいのですが、さすが熟練の指揮者ですよね、すごい演奏でした。できれば死ぬ間際まで彼の指揮する演奏を聴きたかったのですが、今年で最後です。

ありがとうございました。

話は翻って、Apple Vision Proの話。ちゃんと技適申請をしているとのことでした。

Apple Vision Pro

Apple Vision Pro

かっこいい!!フューチャーって感じがするプロダクトでした。

Apple Vision Proで見えてる景色

Apple Vision Proで見えてる景色がMacBookミラーリングできて、その画面です。

反射してよく分からないですが、サングラスのようでありながらきちんと外が見えて、なおかつその中に仮想PC作業空間がある、との事でした。マストドンとかX開いたりして空間に配置できて便利そうでした。

ラッキングしてて向いたら向いた方向にあるもの(アプリ)が見える。この辺まだ他社のウェアラブルバイスでできないことなんじゃないかなーって。

何はともあれ、使っている様子を見ているだけでワクワクする、そんなデバイスでした。

すごかった。

現場からは以上です。

mpdとPipewireの話

今日書かないと今月書きそうにないので書きます。ばりっぴです、どうも。

Pipewireでmpdから音を出そうとしてもダメだったので覚書です。

mpdはユーザーデーモンじゃ無いとダメ。

あとおまじないみたいな感じで「pipe-pulse」を入れた(Arch Linux)。

で、Pipewireの音量がもともと低い値だったので「alsamixer」でPipewireの音量を100にする(USB DACから音を出したかったため)。

これで、音が出るはず。ばりっぴでした。

バランス接続とKZ AS06とSpinFitとワイシャツと私

ども。年度末ですね。ばりっぴです。

「ワイシャツと私」は勢いで書いてしまいました。

SpinFit

これ、買ってみました。

何かというと、カナル型イヤホンのイヤーチップです。これをKZ AS06につけて1ヶ月ほど使ってますが、イヤーチップが外れなくて大変いいです。KZ AS06も4.4mmバランスケーブルを買いましてバランス接続をさせてますが、大変ご機嫌です。

 

日本のAmazonではもう売ってないみたいですが(じゃあ貼り付けるなよ)、アリエクではまだ売っているみたいです。バランスド・アーマチュア・ドライバーは大昔は作っているメーカーが2つしか無く、寡占状態が続いていてドライバー片耳一発つけると1万円というのが恒例でしたが、ソニーが自社開発したドライバーをつけたイヤホンが2発、つまり両耳で1万円という価格破壊を起こしました。その後中国メーカーが開発していって、一発1000円以下まで下がりました。

このAS06は低域中域高域の片耳3発構成だった気がします。それで5000円程度で、音もよくて買った当時はびっくりしたものでした。ただ、このイヤホン、カナル型であり、イヤーチップをつけないと話にならないのですが、JVCのイヤホンみたいに突起がないのでとにかくイヤーチップが外れます。救世主に思えたエラストマー素材のイヤーチップも最初は良かったんですが、その後よく外れるようになってしまい…。

で、このSpinFitに白羽の矢を立てたわけですが、もともとのイヤーチップのイヤホン側の穴が小さいので付けるのには苦労しましたが一回入ってしまえば、今のところ、外れている事は無いです。

ただ、Mサイズ、私の耳にはちいさかったみたいで、今後どうするかといったところです。

今度からは4.4mmバランスが最初からあるAndroid DAPが欲しいなと思うばりっぴでした(Hibyのやつ使えよ)。

9350円のアダプタを入手しWalkman A300の音質をしゃぶり尽くす

何のことやらと思っているあなた!これです。

3.5mm 4極GND分離→4.4mm5極バランス

こんな感じ

SONYWalkman A300は特殊なコネクタでして、3.5mmのミニジャックでありながらバランス接続も対応しています。ただ、ジャックが曲者で、一般には出てなくて、専用品にならざるを得なく、今回買ったこの変換ケーブルももう生産完了品です。

つまり、売り切れになると市場から無くなります。中古とかでは残るでしょうけど。

幸いなことにまだあったので買ってみた次第です。

 

こちらです。

バランス接続の音はHIBYで体験済みだったためさほど感動は得られませんでしたが、それでもまだ音よくなるんだという感想は得ることができました。

もし、興味がありましたら是非購入してみてください。

ばりっぴでした。

HIBY R3IIを買ったので、4.4mmバランスケーブルも買ってイヤホンをバランス接続してみた話

ども、ばりっぴです。今回はこの話。

R3II USB DAC接続中

いろいろ急激に変わったのでどれがよかったのかは分かりませんが、総じてよくなったのでよしとします。

バランスケーブルは安物ですが、こんなのを買いました。

 

これをシンデレラガールズU149コラボのイヤホンにつけました。これがなんともよくて、TAGO StudioのT3-01とかT3-03もやったろと思って純正ケーブルを見たら16k円してそっ閉じしました。

音に関しては主観でしか語れないので5割程度で読んで欲しいのですが、共通のコールドを使う3極の普通のケーブルよりはやっぱり分離は良くなります(当たり前)。ただ、好み分かれそうだなぁとは感じました。ちょっとぼやっとした方が良い人はわざわざバランス接続をしなくてもいいと思います。定位をビシッとさせたい人はいいと思います。

HIBYのR3IIはHIBYのエントリー機という扱いだそうで、価格も3万を超えるくらいです。まあ、上にAndroidのR6とかいるしねぇ。思いがけず↓が出てきたので比べてみました。

Victor HA-V80

2008年当時としては2万ちょっとで破格に音が良くて、末期にはバックアップ用に2台、3台と買う人もいたHA-V80でしたが、さすがに最新技術には勝てなくてHIBY R3IIの方が良い音のように感じました。でもHA-V80はいい音なことには変わりはなかったです。

なんか話が迷走してしまいました。

HIBY R3IIですが、Wifiに対応してて、TIDALとQobuzでストリーミングで聞くことができます。Qobuzはそろそろ来ますが、TIDALが来る兆しがないのがアレですね。Deezerはいまいちだし(個人の感想です)。なんだかんだでSpotifyを使ってしまいます。Amazon Musicも大手なはずなのにあまり使ってない…。AWAは課金をやめてしまった。

また話が迷走しました。

HIBY OSであることに目を瞑れるならR3IIはかなり有能です。AndroidでいろいろしたいというならR6IIIとかになるでしょう。高いけど(Walkman A307じゃなくてこっちにすれば良かったかもと思いますが)。

なんにせよ、R3II、音は良いです。3万もだしただけあります。タッチパネルだし。

でもやっぱAndroid DAP(A307)を経験してしまうとAndroidが自由度高くていいなぁと思ってしまいます。専門OSは特化されていると分かっていても…。

今回は話が迷走しすぎたのでこの辺で。ばりっぴでした。

Intimeの碧 SORA-Lightを知って買って聞いて。

今まで知らなかったのが恥ずかしい。どうも、ばりっぴです。

Amazonで見かけて、買ってみました。

昨日届きまして、聞いてみたんです。そしたら「!?!?!?!?」ってなりました。アンダー5000円で出ていい音じゃないです。finalのE2000買ったときも思いましたが、こちらのSORA-Lightでも思いました。

finalのE2000の時は「そつなくこなす、でもちょっと丸い音かな」と思いましたが、SORA-Lightもそつなくこなしますが、中高域の伸びがすごい。丸くない。

しかも日本の企業なんですね、オーツェイド株式会社。群馬。高崎。高崎と言えばあのTAGO Studioも高崎でしたね。あれはあれですごかった。

しかし、今まで知らなかったのが悔やまれます。そしてAmazonで買ってしまったことが悔やまれます。公式オンラインショップで買えばよかった…。

intime-acoustic.jp

アンダー5000円でこの音出されたら他のメーカーたまったもんじゃないですよ。

ちょっと前まで中華イヤホンのワールドワイドに製品を出すことによるスケールメリットでのコスパの良さでそんなんばっかり買ってましたが、日本も負けてないですね。

すごい。いつの間にか5000円以下の新定番がありました。ばりっぴでした。

NURO光の工事をしましたのでその話

先月は投稿がなかったばりっぴです、どうも。

月に1度来ればなんらか更新されているのが理想なのですが、時間が取れませんでした。

 

さて、話は本題に入り、NURO光がマンションで導入されまして、それで光ではあるがVDSL環境からリアル光になったので雑感を。

速度差

下がエキサイトMEC光(VDSL)で、上がNURO光です。まあ、朝なんで誰も使ってない時間なのですが、NUROは、ほぼ理論値が出ています。家の基幹がギガビットイーサネットなので恐らくこれ以上は出ない。下りはともかくとして、上りの速度がこれだけになるとは思ってもみませんでした。まあ、アップロードなんてほとんどしないので前の環境でも良いと言えば良いのですが…。下りはLinuxディストリビューションのイメージファイルをダウンロードしたり、アップデートとかでなんやかんや使うと思うので非常に時間の節約になりそうです。

一時期NUROが終わってるというウワサを聞いていてちょっと不安でしたが、杞憂だったようです。

現場からは以上です。ばりっぴでした。